見えない部分こそ

みなさま、こんにちは☀

今回は「パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャー工法」についてご紹介いたします!

     

  

   

木の強度は縦の力には強いが、横の力には強くない。

   

昔から日本人になじみのある「木」は環境にもやさしく、丈夫で長持ちです🌳

しかし、木には生育してきた縦向きの力には強く横向きの力には弱いといった特性があります。

   

つまり、のように木を縦向きに使う場合は十分な強度が期待できますが、のように横向きに使う場合は、強度が不足しがちになるといった弱点があります。

   

そこで登場するのが!

パナソニック独自の耐震工法
木と鉄のオリジナル複合梁「テクノビーム」

テクノストラクチャーでは、木と鉄を組合わせた「テクノビーム」を採用しています😳

通常の木の梁と比べるとたわみが少ないので、長い年月が経過した後も、梁のたわみからくる骨組み全体のゆがみがおさえられます!さらに地震などの一時的にかかる大きな力に強いのも安心のポイントです(*‘ω‘ *)

   

今回ご紹介したテクノビームですが、完成したお家ではどのようになっているか見ることができません😔💧

そこで、来月構造見学会を開催することになりました✨

詳細はまたHPでお知らせいたしますので、楽しみにしていてください(^O^)/